手軽で便利、簡単に始められる

吃りとセルフイメージについて

僕は中学生から20代ぐらいまで吃りでした。このサイトへ→どもり 原因行ってみたい

 

何故吃りになったのか?それはおそらく小学生の頃に吃りの人がいて、その人の真似をしていたせいだと思います。
とはいってもそこまで酷いわけではありませんが、しかし酷い時には言葉が出てこないこともありました。
吃りが酷い時というのは緊張が強い時です。
「吃ったらどうしよう。変に思われたり馬鹿にされたらどうしよう」という思いが強くなると吃ってしまいます。
そして吃るのも人によりけりです。例えば、自分と対等の人となら吃りません。
しかし、自分より目上の人や、もしくは同級生でも、相手に対して劣等感があったり、自分より力が強い人、不良等には吃ってしまいます。
以上のことから分かるのは、何故吃るのかというと、それは自分に劣等感があるからではないでしょうか。吃りの人全てがそうとは言いませんが、僕の場合は少なくともそうでした。というのも、僕は自分に自信を持つようになってから吃りが完全に治ったからです。セルフイメージを高めることがとても大切だと感じます。まずはどもり 原因をご覧ください